燃焼-紫外蛍光法による鋼中極微量S分析技術

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.37 2016年2月 分析・解析特集号

燃焼-紫外蛍光法による鋼中極微量S分析技術
New Post-Combustion Ultraviolet Fluorescence Spectroscopy for Precise Determination of Trace Sulfur in Steel

城代 哲史 KINOSHIRO Satoshi JFEスチール スチール研究所 分析・物性研究部 主任研究員(課長)
佐藤  馨 SATO Kaoru JFEスチール スチール研究所 主席研究員・Ph. D.
藤本 京子 FUJIMOTO Kyoko JFEテクノリサーチ ソリューション本部(千葉)分析部長・博士(工学)

要旨

高周波燃焼法の長所である迅速性,および紫外線蛍光法の長所である高感度かつ妨害成分が少ない点を組み合わせることで,迅速性と高精度を両立した新たな鉄鋼材料中の極微量S定量法を開発した。本開発法の定量下限は0.5 μg/gであり,従来の燃焼-赤外線吸収法に比べて約10倍優れていた。メンテナンス性や安定性も製鉄所での連続使用に十分使用できるレベルであった。

Abstract

JFE Steel has developed an analytical method which enables highly precise and rapid quantitative analysis of ultra low sulfur contained in steel samples. The developed method is “post-combustion ultraviolet fluorescence method,” which combined high frequency induction furnace with continuous ultraviolet (UV) fluorescence analyzer of SO2. Despite easy operation like conventional infrared (IR) method, the newly developed method showed high sensitivity and good precision. The limit of determination of sulfur in steel was 0.5 μg/g. In addition, this equipment has sufficient stability as a process control analysis apparatus in steel works under continuous operation.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader