熱間圧延鋼板中における固溶からナノ析出に至るマイクロアロイの解析技術

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.37 2016年2月 分析・解析特集号

熱間圧延鋼板中における固溶からナノ析出に至るマイクロアロイの解析技術
Analysis of Micro-Alloy Elements as Solute and Nanometer-Sized Precipitation in Hot Rolled Steel Sheet

田中 裕二 TANAKA Yuji JFEスチール スチール研究所 分析・物性研究部 主任研究員(副課長)
城代 哲史 KINOSHIRO Satoshi JFEスチール スチール研究所 分析・物性研究部 主任研究員(課長)
仲道 治郎 NAKAMICHI Haruo JFEスチール スチール研究所 分析・物性研究部 主任研究員(副部長)・工博

要旨

熱間圧延鋼板に析出する微細炭化物のサイズおよび量は材料特性を支配する重要な微細組織因子である。JFEスチールでは,微細析出物の形状や量を定量的に評価する技術を開発してきた。球面収差補正走査透過電子顕微鏡(Cs-STEM)を導入することで,極微細な析出の初期状態観察を可能にした。非破壊析出率定量解析技術として高輝度放射光を用いたX線吸収微細構造(XAFS)を鋼板分析に適用した。また,実験室で測定可能な鋼中固溶金属元素の高精度定量法を新たに開発した。これらの分析技術を組み合わせることにより,析出物制御につながる固溶状態からの析出挙動,材料特性を支配するナノメートルサイズの微細炭化物のサイズと数密度を把握することが可能となった。

Abstract

The size and amount of fine carbides precipitated in hot rolled steel sheets are one of the important factors for microstructures which govern material properties. JFE Steel has developed quantitative analytical techniques of those fine precipitates. An initial stage of precipitation can be observed using a spherical aberration corrected scanning transmission electron microscopy (Cs-STEM). X-ray absorption fine structure (XAFS) analysis using a synchrotron light source is applied as a non-destructive quantitative analytical method of precipitation fraction. A new laboratory scale method of analytical chemistry to quantify solid solution element has been developed. Precipitation from solid solution was analysed using a combination of the above techniques. Quantitative values of the size and number density of fine carbides are available using these techniques to control material properties.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader