JFEグループの化学分析技術の系譜と今後

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.37 2016年2月 分析・解析特集号

JFEグループの化学分析技術の系譜と今後
Progress and Future of Analytical Techniques in JFE Group

城代 哲史 KINOSHIRO Satoshi   JFEスチール スチール研究所 分析・物性研究部 主任研究員(課長)

花田 一利 HANADA Kazutoshi  JFEスチール スチール研究所 分析・物性研究部 主任研究員(課長)

望月  正 MOCHIZUKI Tadashi JFEテクノリサーチ ソリューション本部(川崎)先端有機分析部長・博士(工学)

要旨

鉄鋼製品の開発,製造プロセスの安定化や効率化,あるいは地球環境保全など,化学分析技術が関わる分野は多岐に渡り,その果たすべき役割は大きい。JFEグループは常に世界最高の分析技術を目指して研究開発に取り組んでいる。本稿では,JFEグループにおける過去のトピックスを通じてその歴史に触れた後,最近の化学分析技術の開発状況を,微量元素分析,析出物/介在物分析,オンライン/オンサイト分析,有機/環境/スラグ分析の4分野についてそれぞれ概説する。

Abstract

Analytical techniques in the steel industry have played important roles in many fields, such as product developments, stable and efficient operation of producing processes, and the global environment conservation. In this paper, the development status of recent analytical techniques in JFE Group is reviewed focused on trace analysis and precipitates/inclusions analysis, online/on-site analysis, and organic/environmental/slag analysis.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader