JFEグループの物理解析技術の系譜と今後

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.37 2016年2月 分析・解析特集号

JFEグループの物理解析技術の系譜と今後
Progress and Future Prospects of Microbeam Analysis in JFE Group

佐藤  馨 SATO Kaoru JFEスチール スチール研究所 主席研究員・Ph. D.

要旨

JFEグループの物理解析技術の系譜と今後について概括した。鉄鋼業は古くから萌芽的な先端技術を活用して発展してきた。JFEグループは常に最先端の物理解析技術を導入し研究開発に活用してきた。今日,各種電子顕微鏡,表面分析,量子ビーム利用解析は,画期的なJFEグループの商品の設計・開発を主導できるようになった。今後とも,絶え間ないJFEグループの挑戦に欠くことのできないコア技術として物理解析技術を強化していく必要がある。

Abstract

This paper describes the brief history of microstructure analysis in the JFE Group. Modern steel production has been always utilizing emerging technologies. The JFE Group has been introducing state of the art microbeam analytical tools and utilizing them for their R & D. Microbeam analysis has been extensively used in steel research. Electron microscopy and surface analysis tools are now capable of designing high performance steel products and other JFE products. Further strengthening of this field is crucial to sustain JFE Groupʼs continuous challenge.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader