ニュースリリース


JFEスチール株式会社

新しい製鉄原料製造技術『Super-SINTER® OXY(オキシ)』を世界初開発
~高品質焼結鉱の生産性を飛躍的に改善~

当社は、主要な製鉄プロセスである焼結鉱製造工程において、抜本的な生産性改善を可能にする焼結機への酸素・水素系ガス(都市ガス)の複合吹込み技術『Super-SINTER® OXY』を開発し、世界で初めて実用化に成功しました。すでに2013年までに本技術を東日本製鉄所の全焼結機(2基)に導入し、劣質原料の使用下においても、高品質焼結鉱の生産性を飛躍的に改善しています。

焼結鉱製造工程では、粉状鉄鉱石と石灰石に、凝結材である粉コークスを混合した後、焼結機に装入・点火し、焼結反応を進行させて塊状の焼結鉱を製造しています。高品質の焼結鉱を製造するためには、焼結時の温度を1,200℃から1,400℃の間で一定時間維持する必要があります。当社では、独自の『Super-SINTER®Secondary-fuel Injection Technology for Energy Reduction)』技術(*)を世界で初めて開発し、最適な温度を従来よりも2倍以上の時間保持することで、焼結鉱強度の改善を実現しています。

今回新たに開発した技術では、焼結機に酸素を吹き込む高酸素富化操業と、『Super-SINTER®』技術を組み合わせています(図1参照)。粉コークスと水素系ガスの燃焼性を大幅に改善しつつ、それらの燃焼位置を制御して、最適な焼結温度を『Super-SINTER®』技術のさらに2倍以上の時間保持することを可能としました(図2参照)。これにより、劣質原料使用時の課題であった焼結鉱強度を2%改善することで歩留まりが向上し、また、焼結反応速度の向上によって時間あたりの焼結鉱の生産量が増加しました。その結果、焼結機の生産性を従来より5%向上させることに成功し、高炉用原料として、コークス比低減に有効な高品質焼結鉱の使用比率を向上させることができます。

当社は、主要原料である鉄鉱石の劣質化が進行する中、今後もさらなる技術開発を進め、資源対応力に優れた高効率の製鉄プロセスの確立に努めてまいります。

(*)『Super-SINTER®』技術: 粉コークスの一部代替として、水素系ガス(都市ガス)を装入原料上面より吹込む技術。
2009年1月より実用化し、2012年までに当社の全焼結機(7基)に導入済。

【図1】『Super-SINTER® OXY』設備概要

『Super-SINTER<sup>®</sup> OXY』設備概要

【図2】焼結層内の温度履歴の改善メカニズム

焼結層内の温度履歴の改善メカニズム

【写真】『Super-SINTER® OXY』設備の外観

『Super-SINTER<sup>®</sup> OXY』設備の外観
本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株)総務部広報室 Tel 03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る