ニュースリリース


JFEスチール株式会社

成形時の重量・寸法安定性に優れた鉄粉『JIP クリーンミックス® ZERO』を開発

当社はこのたび、成形時の重量・寸法安定性に優れた焼結機械部品用鉄粉『JIP クリーンミックス® ZERO』(*)を開発しました。

鉄系焼結機械部品は、形状の自由度を生かし、従前よりエンジン部品などの自動車部品を中心に適用されています。これらの部品は、金型に鉄粉末を充填し、プレス成形した後に高温で焼結することで製造されますが、プレス成形の開始時あるいは一時停止後の再開時に、粉末の充填密度が変動し、成形体の重量および寸法が変動するという課題がありました。

今回開発した鉄粉『JIP クリーンミックス® ZERO』は、粉末の充填性を高める(図1)ことで、焼結部品の重量や寸法安定性を向上させることができる新商品です。粉末の構成要素である鉄粉粒子や合金化成分粉末粒子などの粒子間の引力(付着力)を低減させることによって、粉末の流動性を高め、金型充填性を向上させることに成功しました。

『JIP クリーンミックス® ZERO』を使用することで見込まれるメリットは、以下の4点です。

プレス停止、再開後の不連続な重量変動が従来の半分程度に低減できます(図2)。
これにより、お客様における成形時の歩留まりを向上させることができます。
お客様における成形時の条件設定が容易になり、試し成形の回数を減らすことが可能になります。
従来よりも狭い空間への充填が容易になり、従来では困難であった難成形部品の製造が可能になります。
従来は流動性を高めるために混合させていた金属石鹸が不要となるため、焼結体表面に付着する金属石鹸起因の煤や染みを除去するための洗浄や研削の工程が省略できます。

当社は本開発製品の普及を進めるとともに、引き続き更なる研究開発を通じ、鉄系焼結機械部品の製造コスト削減と鉄系焼結機械部品の品質向上に貢献してまいります。

(*) JIP クリーンミックス : 偏析防止を目的としたプレミックス粉で、鉄粉に黒鉛などの添加物の粉末を特殊な処理によって付着させている。

※「JIP」、「クリーンミックス」はJFEスチール(株)の登録商標です。


【図1】『JIP クリーンミックス® ZERO』の充填率(金型の隙間幅が1mmの場合)

『JIP クリーンミックス® ZERO』の充填率(金型の隙間幅が1mmの場合)

【図2】『JIP クリーンミックス® ZERO』の重量変動

『JIP クリーンミックス® ZERO』の重量変動

【写真1】『JIP クリーンミックス® ZERO』

JIP クリーンミックス® ZERO

【写真2】難成形部品例:シンクロハブ(変速機部品)

難成形部品例:シンクロハブ(変速機部品)
本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株)総務部広報室 Tel 03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る