ニュースリリース


JFEスチール株式会社

東日本製鉄所(千葉地区)熱延工場 累計生産量 2億トン達成

当社東日本製鉄所(千葉地区)の熱延工場は、2月25日に累計生産量2億トンを達成しました。1958年4月の第1熱間圧延工場操業開始から56年かけての記録達成となります。
1987年に累計生産量1億トン、2001年に累計生産量1.5億トンを達成しています。

東日本製鉄所(千葉地区)は、戦後初の銑鋼一貫型の臨海製鉄所として1951年に開所し、1958年に第1熱間圧延工場、1963年に第2熱間圧延工場が稼働を開始しました。
1995年にはエネルギー効率に優れた世界最新鋭の第3熱間圧延工場が稼働開始し、第1、第2熱間圧延工場から生産を引き継ぎ、現在に至っています。

第3熱間圧延工場は、自動車向け鋼板、缶用鋼板、ステンレス鋼板、高炭素特殊鋼板等、多品種の高付加価値製品を製造しています。1996年に世界初の熱間エンドレス圧延(*1)設備を導入し、2001年には、第47回大河内記念生産賞『世界初のエンドレス熱間圧延プロセスの開発と新製品の商品化』を受賞しています。

今後も、第3熱間圧延工場の有する製造能力および世界トップレベルの技術力を最大限に活用し、お客様にご満足いただける技術開発を進めるとともに、引き続き安定した鉄鋼製品の供給に努めていく所存です。

(*1) 熱間エンドレス圧延:粗(あら)圧延機にてスラブを30~40mm程度に圧延し、それらをつなぎ合わせ、連続的に仕上げ圧延を行う圧延方法。

東日本製鉄所(千葉地区)熱延工場累計生産量2億トン達成

【資料】千葉地区 熱間圧延生産量の推移

千葉地区熱間圧延生産量の推移

<工場別 累計生産量>
第1熱間圧延工場 :41.7百万トン(1958年4月稼動~1994年5月停止)
第2熱間圧延工場 :88.0百万トン(1963年10月稼動~1996年3月停止)
第3熱間圧延工場 :70.3百万トン(1995年5月稼動~)

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株)総務部広報室 Tel 03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る