2011年5月24日
  • JFEスチール株式会社
  • 伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社

インドネシアの亜鉛鍍金鋼板製造会社におけるCGL新設について

JFEスチール株式会社(本社:東京都千代田区、社長:林田英治、以下「JFEスチール」)、及び伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社(本社:東京都中央区、社長:牛野健一郎、以下「伊藤忠丸紅鉄鋼」)の両社が各々24.49%出資するインドネシアの亜鉛鍍金鋼板メーカーであるPT. SERMANI INDONESIA社(社長:H. Rudy S. Syamusddin、以下「SERMANI社」)は、最新の連続溶融亜鉛鍍金設備(Continuous Galvanizing Line :CGL)を導入し、亜鉛鍍金鋼板製造能力の増強を行うことを決定しました。

インドネシアは実質経済成長率が6%前後で推移しており、今後も同様の高成長が見込まれています。このような中、SERMANI社が所在するスラウェシ島内及び近隣諸島でも、建材用亜鉛鍍金鋼板の需要が急拡大しています。一方、SERMANI社は1969年の設立以降、スラウェシ島南部唯一の亜鉛鍍金鋼板メーカーとして、マーケットに安定的に製品を供給してまいりましたが、同島及び近隣諸島の増大する需要に応え、より競争力のある製品をマーケットに安定的に供給するべく、今回、最新ラインを導入することを決定しました。

なおJFEスチール、伊藤忠丸紅鉄鋼両社は、引き続きSERMANI社に安定的に原板を供給することによって、SERMANI社の成長に寄与してまいります。

【連続溶融亜鉛鍍金設備(CGL)の概要】
製造品種   溶融亜鉛鍍金鋼板(建材向け)
投資額   4.6百万USドル
生産能力   4千トン/月
稼動予定時期   2012年5月
【SERMANI社の概要】
会社名   PT. SERMANI INDONESIA
所在地   Jalan Urip Sumohardjo Km.7 PO BOX 1039
Tello Baru Makassar 90010, Indonesia
社長   H. Rudy S. Syamusddin
資本金   1,078百万ルピー
売上高   152,905百万ルピー(2010年)
出資比率   Mr. H. Rudy S. Syamsuddin
JFEスチール
伊藤忠丸紅鉄鋼
51.02%
24.49%
24.49%
事業内容   亜鉛鍍金鋼板の製造、販売
現状設備(能力)   溶融亜鉛鍍金設備2基(2,200トン/月)

【地図】

Sermani社

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール株式会社 総務部広報室 TEL 03-3597-3166
伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社 総務部広報チーム TEL 03-5204-3345