2010年10月22日
  • JFEスチール株式会社

タイにおける自動車用溶融亜鉛鍍金ライン建設について

当社はこのたび、タイ初の自動車用溶融亜鉛鍍金ライン(Continuous Galvanizing Line:CGL)をタイ南東部ラヨン県ヘマラート・イースタンシーボード工業団地内に建設することを決定いたしました。本事業(ライン建設および稼動後の製造・販売)は現地法人であるJFE Steel Galvanizing (Thailand) Ltd.が行います。
 タイは、既に多くの自動車会社が生産・輸出拠点を構える東南アジア最大の自動車生産国であることに加えて、今後も自動車会社の生産能力の増強、工場新設が相次いで計画されていることから、自動車用高級鋼板需要の更なる拡大が見込まれます。
 当社は本事業を通じ、タイにおいて生産を拡大する自動車会社の現地調達要請にお応えするとともに、より一層高度化するお客様のニーズにお応えしてまいります。

 

<タイ溶融亜鉛鍍金鋼板事業会社の概要>
①会社名   JFE Steel Galvanizing (Thailand) Ltd.
②代表者   浅井 一雄 (JFEスチールバンコック事務所長)
③所在地   Rayong県Hemaraj Eastern Seaboard Industrial Estate内
④設立時期   2008年11月
⑤総投資額   約3億米ドル
⑥出資比率   JFEスチール 100%
<タイ溶融亜鉛鍍金鋼板製造設備の概要>
①製造品種   溶融亜鉛鍍金鋼板(主に自動車向け)
②生産能力   40万トン/年
③製造可能寸法   板厚:0.4mm~2.3mm 板幅:800mm~1,880mm
④稼動時期(予定)   2013年4月

資料

<地図>
地図
<CGL建設予定地>
CGL建設予定地

以上

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール株式会社 総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166