2010年6月17日
  • JFEスチール株式会社

東日本製鉄所(千葉地区) 月間粗鋼生産量の新記録達成

当社 東日本製鉄所(千葉地区)は、本年5月の粗鋼生産量が400,927トンに達しました。同地区の月間粗鋼生産量が40万トンを超えましたのは、1985年6月以来25年ぶりとなります。なお、この記録は、製鋼工場が1987年10月から従来の3工場体制から2工場体制になって以来、また高炉が2005年5月に従来の2基体制から1基体制となって以来の月間粗鋼生産量の新記録です。

東日本製鉄所(千葉地区)では、転炉での操業技術の改善や、品種・鋼種の集約・最適化による連続鋳造機の生産性向上等により、品質向上も実現しつつ、高水準の粗鋼生産量を達成しました。

今後も世界最高の技術レベルを維持、発展させ、お客様の様々なニーズにお応えしてまいります。

【千葉地区 製鋼工場 概要】

設備 稼動 備考
転炉 No.3 1977年2月 322トン/チャージ×2基
No.4 1994年7月 185トン/チャージ×2基
連鋳 No.3 1981年4月 スラブ
No.4 1994年5月 スラブ

以 上

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール株式会社 総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166