2010年3月29日
  • JFEスチール株式会社
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社

IT業務についての包括的提携の更改に関する基本合意について~情報子会社の事業統合とアウトソーシング契約の更改に向けた検討開始~

JFEスチール株式会社(社長:馬田一、以下JFEスチール)と日本アイ・ビー・エム株式会社(社長:橋本孝之、以下日本IBM)は、2000年に締結したIT業務についての包括的提携の更改に関し、以下の方向で具体的な検討に入ることについて、この度基本合意に至りました。

システム運用業務については、日本IBMがアウトソーシング契約を通じて、引き続き高品質なサービスを提供することで合意しており、2011年3月末の現行契約満了後も、アウトソーシング契約を継続する前提で契約の更新に向けての協議を進めます。
 なお、システム運用業務の遂行にあたっては、引き続き、日本IBMと、日本IBMおよびJFEスチールの合弁会社である株式会社エクサ(社長:大水一彌、以下エクサ)が協力してシステム運用サービスを提供していく予定です。

一方、アプリケーション開発・維持管理業務については、2011年4月を目処に、エクサの事業の一部であるJFEスチールおよびそのグループ会社向けアプリケーション開発・維持管理事業を分割し、JFEスチールの子会社であるJFEシステムズ株式会社(社長:岩橋誠、以下JFEシステムズ)が事業承継する方向で具体的な検討に入ります。

旧日本鋼管株式会社(以下NKK)と日本IBMは、2000年にIT業務についての包括的提携を結び、NKKの子会社であったエクサを日本IBMの子会社とするとともに、NKKのIT業務全般(情報システムの運用ならびに、業務用アプリケーションの開発・維持管理)を日本IBMがアウトソーシング契約として受託し、日本IBMは受託業務をエクサに再委託するというスキームを構築しました。
 2003年のJFEスチール発足に伴い、このスキームをJFEスチールが承継した結果、JFEスチールにおいては、子会社であるJFEシステムズと日本IBMおよびエクサの3社が連携してIT業務を遂行する形態となっていました。

2011年3月末に現行アウトソーシング契約が満了を迎えるため、JFEスチールと日本IBMは、JFEスチールとしてのより効率的なIT業務遂行のスキームを検討してまいりましたが、今般、アプリケーションの開発・維持管理業務についてJFEシステムズに一本化することがより効果的であると判断に至り、今回の基本合意となりました。

JFEスチールと日本IBMは、引き続きアウトソーシング契約に基づいた提携関係を維持・発展させていきます。さらに、情報子会社であるJFEシステムズ、エクサを加えた4社の協力関係についても一層強化していくとともに、情報子会社の更なる業容拡大を図ってまいります。

【JFEシステムズ(株)の会社概要】
設立 1983年9月1日
本社 東京都墨田区太平4丁目1番3号
代表者 社長 岩橋 誠
資本金 1,390百万円 (2009年12月31日現在)
売上高 32,687百万円(2009年3月期連結決算)
従業員数 1,537人 (2009年12月31日現在連結従業員数)
主要株主 JFEスチール株式会社(65.15%)、JFEシステムズ社員持株会(7.31%)、
富士通株式会社(3.18%)
【(株)エクサの会社概要】
設立 1987年10月1日
本社 神奈川県川崎市幸区堀川町580番地
代表者 社長 大水 一彌
資本金 1,250百万円(2009年12月31日現在)
売上高 32,684百万円(2008年12月期決算)
従業員数 1,586人 (2010年1月1日現在従業員数)
主要株主 日本IBM株式会社(51%)、JFEスチール株式会社(49%)

以 上

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。

JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166
日本アイ・ビー・エム(株)広報 TEL 03 (3808) 4770