2010年3月23日
  • JFEスチール株式会社

西日本製鉄所(倉敷地区) 累計粗鋼生産量3億トン達成について

当社西日本製鉄所(倉敷地区)において、3月17日に累計粗鋼生産量3億トンを達成いたしました。これは、1967年4月に旧川崎製鉄水島製鉄所第1製鋼工場が稼動して以来、43年をかけての記録達成となります。当社においては福山地区(2003年7月)に次いでの達成となります。

2003年4月の西日本製鉄所発足以来、倉敷・福山両地区が各々培ってきた先進技術を水平展開することにより、両地区一体運営の効果を最大化させ、極めて高い効率性と技術レベルを兼ね備えた生産体制を確立してまいりました。

今後も世界最高の技術レベルを維持、発展させ、お客様の多様で高度化する様々なニーズにお応えしてまいります。

資料①(西日本製鉄所 粗鋼生産量推移)
(倉敷地区) (福山地区)
1961年 7月 旧川崎製鉄水島製鉄所 発足
1965年 2月 旧日本鋼管福山製鉄所 発足
1978年 4月 累計粗鋼量1億トン達成
1984年 1月 累計粗鋼量1億トン達成
1991年 10月 累計粗鋼量2億トン達成
1998年 7月 累計粗鋼量2億トン達成
2003年 4月 西日本製鉄所 発足
2003年 7月 累計粗鋼量3億トン達成
2010年 3月 累計粗鋼量3億トン達成
資料②(倉敷 製鋼工場概要)
設備 稼動 能力 備考
転炉 №1 1967年4月 1100万トン/年 226トン/チャージ × 3基
№2 1970年9月 318トン/チャージ × 3基
連鋳 №2 1971年1月 980万トン/年 スラブ
№3 1973年10月 ブルーム・ビームブランク
№4 1993年1月 スラブ
№6 1976年11月 スラブ
(倉敷地区)第2製鋼工場前にて
▲(倉敷地区)第2製鋼工場前にて
3億トン記念の吹錬開始スイッチを押す野村所長
▲3億トン記念の吹錬開始スイッチを押す野村所長
転炉前にて
▲転炉前にて

以 上

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール株式会社 総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166