2010年2月12日
  • JFEスチール株式会社

西日本製鉄所(倉敷地区)第3高炉(4次)火入れについて

当社は、西日本製鉄所(倉敷地区)第3高炉の改修工事を完了し、2月11日に4次(4回目)の火入れを行いました。

今回の改修では、炉容積を4,359m3から5,055m3に拡大し、高炉制御室および制御システムを全面更新いたしました。また、高耐蝕性レンガの採用、炉体冷却設備の強化等の炉寿命延命対策も施し、従来以上の長寿命化を図ってまいります。

当社は、更なる生産体制の効率化を実現し、全社で最適な高炉操業体制の構築を図ってまいります。

【設備工事概要】

1.金額   300億円
2.工期   2009年10月1日~2010年2月11日
3.炉容積   5,055m3 〔改修前4,359m3

【西日本製鉄所の高炉の概要】

    炉容積(m3)   火入れ時期
倉敷地区 第2高炉(稼動中) 4,100   2003年11月(4次)
  第3高炉(今回稼動) 5,055   2010年2月(4次)
  第4高炉(稼動中) 5,005   2002年1月(3次)
           
福山地区 第2高炉(稼動中) 2,828   1998年9月(4次)
  第3高炉(休止中) 3,223   1994年8月(3次)
  第4高炉(稼動中) 5,000   2006年5月(4次)
  第5高炉(稼動中) 5,500   2005年3月(3次)

以 上

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール株式会社 総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166