2009年6月15日
  • JFEスチール株式会社

焼結鉱製造プロセスにおける水素系気体燃料吹き込み法によるCO2排出削減技術を開発~世界初の実用化に成功~

当社は、主要な製鉄プロセスである焼結鉱製造工程において、CO2排出量の大幅な削減を可能にする、焼結機への水素系気体燃料吹き込み技術「Super-SINTERTMSecondary-fuel Injection Technology for Energy Reduction)」を開発し、世界で初めて実用化に成功しました。本年1月に東日本製鉄所(京浜地区)焼結工場において商業運転を開始し、順調に稼動しています。

従来の焼結プロセスは、粉状鉄鉱石と石灰石に、凝結材の粉コークスを混合した後、焼結機に装入・点火し、焼結反応を進行させ塊成化しています。高品質な焼結鉱を製造するためには焼結時の温度を1,200℃から1,400℃に維持する必要があります。この温度領域以下では原料が充分に溶融しないため必要な強度が得られず、1,400℃を超えると低強度のガラス質鉱物の増加により品質の劣化を招くことになります。

今回開発した「Super-SINTERTM」技術では、粉コークスの一部代替として水素系気体燃料(都市ガス)を装入原料上面より吹き込みます。水素系燃料は粉コークスと燃焼ポイントが異なるため、燃焼最高温度を上昇させることなく、最適な焼成反応温度を長時間保持することができます。その結果、焼結プロセスのエネルギー効率が大幅に向上し、CO2排出量で最大年間約6万tの削減が可能となりました。

当社はこれまで、積極的な技術開発と設備投資を積み重ね、世界最先端のエネルギー効率・資源循環率・環境保全技術を有する製鉄プロセスの確立に努めてまいりました。資源循環型社会の構築により地球環境に一層寄与していくために、更なる技術開発を進めてまいります。

図1.焼結水素系ガス吹込み設備(Super-SINTERTM)の概要
図1.焼結水素系ガス吹込み設備(Super-SINTERTM)の概要
図2.焼結水素系ガス吹込み設備(Super-SINTERTM)の概要写真
図2.焼結水素系ガス吹込み設備(Super-SINTERTM)の概要写真
図3.焼結層内温度の比較
図3.焼結層内温度の比較

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール株式会社 総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166