• 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

ニュースリリース


JFEスチール株式会社

第40回(平成19年度)市村産業賞功績賞を受賞
~SUS304代替ニッケル・モリブデンフリー21%クロムステンレス鋼~

 当社のステンレス鋼の主力商品であるニッケルフリー・モリブデンフリー高耐食フェライト系ステンレス鋼『JFE443CT』(21%クロム-0.4%銅-微量チタン添加)が、財団法人新技術開発財団(市村財団)から「第40回 市村産業賞(※)功績賞」を受賞いたしました。
 当社は、今般、技術力、製品開発力を高く評価いただき、この度の「市村産業賞功績賞」の他、「大河内記念技術賞」(家電用高機能クロメートフリー鋼板の開発と量産化)、「岩谷直治記念賞」(局部座屈性能に優れたパイプライン向けUOE鋼管の開発)も受賞しております。

 受賞内容の概要は下記の通りです。

 

【受賞件名】
SUS304代替ニッケル・モリブデンフリー21%クロムステンレス鋼の開発
【賞】
第40回 市村産業賞 功績賞
【受賞技術の概要】
 近年のステンレス鋼需要の増加とニッケルの高騰により、汎用ステンレス鋼であるSUS304(18%クロム-8%ニッケル鋼)の価格が急騰したことから、原料の価格変動に影響されにくい、SUS304に代わる安価なステンレス鋼に対する需要が非常に高まっていました。
 そこで当社は、高価な希少金属であるニッケルやモリブデンを一切添加せず、クロム含有量を21%まで高め、0.4%の銅を添加することにより、SUS304と同等の耐食性を有する高耐食フェライト系ステンレス鋼『JFE443CT』を、世界に先駆けて開発・商品化いたしました。
 『JFE443CT』は、SUS304と同等の耐食性を有すると同時に、製鋼プロセスにおける低炭素・低窒素化やチタンの微量添加、熱延プロセスによる組織制御により、優れた加工性、耐リジング特性も実現した、コストパフォーマンスの高い画期的な材料です。さらに、高効率、高生産性の普通鋼兼用設備で製造できるように成分設計されているため、エネルギーの節約にも寄与しています。

 

 『JFE443CT』への需要は急速に増大しており、厨房機器、家電、建材、自動車、産業機械などへの適用が進んでいます。昨年50,000トンを超えた年間販売量は、今後さらに拡大する見込みです。省資源ステンレス鋼である『JFE443CT』は、まさにSUS304に代わる、新しい代表鋼種です。

 JFEスチールは、今後も、より環境にやさしく、より使いやすいフェライト系ステンレス鋼の開発に尽力し、社会に貢献してまいります。


(※)市村産業賞:
新技術開発財団(市村財団)は、リコー(株)の創始者である故市村清氏の意思のもと、内閣総理大臣により設立許可され、昭和43年に設立されました。同財団は故人から私財の寄贈を受け、以来30年以上にわたり新技術開発の助成ならびに市村産業賞・市村学術賞の贈呈などを行っています。
本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166

ニュースリリース一覧へ戻る