2008年1月22日
  • JFE鋼板株式会社
  • JFEスチール株式会社

5%アルミ-亜鉛系めっき鋼板の新商品『JFEエコガルTM*』を開発
~建材、電機、一般薄板分野向け高機能溶融亜鉛めっき鋼板を販売~

JFE鋼板株式会社(本社:東京都中央区、内田繁孝社長)とJFEスチール株式会社(本社:東京都千代田区、馬田一社長)は、このたび、建材、電機、一般薄板の分野に広く適用可能な5%アルミ-亜鉛系めっき鋼板『JFEエコガル』を共同開発いたしました。

開発経緯と特長

JFEグループは、従来、建材、一般薄板分野向けの5%アルミ-亜鉛系めっき鋼板として、加工性と塗装性に優れたJFEガルファンを製造・販売してきましたが、めっき表面がより平滑で、かつ、より経時黒変の少ない鋼板が求められていました。このため、ガルファンの特長を維持しつつ市場のニーズを取り込むべくグループで研究開発を進め、めっき浴中への微量元素添加により、平滑性の優れた外観を実現(添付資料の亀甲模様を解消)、めっき上の化成処理により、耐食性と経時黒変性を改善した新商品、『JFEエコガル』の開発に成功いたしました。
 現在ガルファンを採用いただいているお客様に、より高品質の『JFEエコガル』を提供するとともに、電機分野など新たな適用先への販売も進めていきます。

『JFEエコガル』の特長は、以下の通りです。

  1. 耐食性が優れており、「溶融亜鉛めっきの付着量低減」「めっき量の多い後めっき材(ドブ漬け)代替」により省資源化に貢献
  2. 軟質めっきなので加工性に優れ、高加工用途にも適用が可能
  3. JIS該当商品であるため、JIS規格を必要とする用途にも適用可能
  4. 表面が平滑であるため、高光沢用途カラー鋼板下地にも適用可能
  5. 化成皮膜が無機系のため、溶接性が良好
  6. 化成皮膜は環境に優しいクロメートフリー
  7. 長年の『JFEガルファン』の製造ノウハウを活かした品質の安定性

今回の新商品は、エコノミカル、エコロジカルな亜鉛めっき鋼板(ガルバナイズドスチール)であることから、「エコガル」と命名しました。

『JFEエコガル』の販売

建材分野向けはJFE鋼板が担当し、亜鉛めっき鋼板の薄めっき化を中心に適用範囲の拡大を図ります。また従来のカラー鋼板の下地にエコガルめっきを使用することで性能をアップし、商品力の向上を目指します。例えば、エコガルめっきは、耐アルカリ性に優れることから、畜舎用途のカラー鋼板『GFアグリTM』の下地に適しています。また表面が平滑であるため、防虫鋼板『サニータTM』の下地に用いることで、外観が改善されます。
 また電機・一般薄板分野向け販売は、JFEスチールが担当します。家電向けでは、エアコン室外機、冷蔵庫などの底板、背板用途等での適用が期待されます。
 なお『JFEエコガル』は、本年3月にJFE鋼板千葉製造所で製造を開始いたします。

JFEグループは、これからも、市場ニーズに対応した高品質の溶融亜鉛めっき鋼板の開発と販売に努めてまいります。

 

<資料>JFEガルファン との外観比較

従来の 『JFEガルファン』・『JFEエコガル』

 

 JFEエコガルは、JFE鋼板(株)およびJFEスチール(株)の商標です。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFE鋼板株式会社 総務部        TEL 03 (5255) 9501
JFEスチール株式会社 総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166