鋼矢板 Steel Sheet Piles


矢板は河川護岸、港湾岸壁、土留め、止水壁、耐震補強等、建設工事の幅広い分野にわたって用いられ、その重要性はますます高まっています。
当社西日本製鉄所の最新鋭の圧延設備を駆使してJIS A 5523またはJIS A 5528に対応したハット形およびU形の2種の鋼矢板を、また一体圧延成型によるコーナー鋼矢板や、海洋環境向けに重防食被覆を施した鋼矢板(JFEマリンコート®)等も製造しています。
これら各種の鋼矢板JFESP®(JFE-steel Sheet Piling)は必ずや需要家の皆様のご要望に十分お応えできるものと確信しています。

鋼矢板

特徴
  • 豊富な種類と経済性
    • ハット形およびU形の2種類の鋼矢板があり、それぞれ各種の型式をそろえていますので、経済的な設計ができます。
  • 高い信頼性
    • 当社西日本製鉄所の世界に誇る最新鋭の設備を用いて厳重な品質管理体制のもとで製造しています。
  • すぐれた施工性
    • 鋼矢板の継手部は、組合わせたときに十分な余裕があり、互換性、施工性にすぐれた形状としています。
鋼矢板 特徴
用途

鋼矢板にはつぎのような用途があります。

  • 永久構造物用岸壁、護岸、防波堤、擁壁、洗掘防止工、止水壁、堰堤、導流堤など
  • 仮設工事用 土留め・山留め、二重仮締切、築島など
  • 特殊用途 防油堤、地下送油管防護工、盛土耐震補強壁、液状化対策、地盤沈下対策など
製造工程概要図
鋼矢板 製造工程概要図