HOME > 製品・サービス > 自動車 > 自動車腐食環境モニタリング 自動車
 

自動車腐食環境モニタリング

自動車各部位の環境に応じた腐食性を定量的に評価します。

自動車腐食環境モニタリング
地域、部位の腐食性に応じた最適防錆を目指して、腐食環境をモニタリングします。

特長

  1. 走行時も安定モニタリング可能なので、センサー出力の変化から腐食の原因を考察することが可能です。
  2. 自動車の使用地域だけでなく、部位による腐食性の違いも定量的な評価が可能です。
  3. センサー出力の積分値から、実際のめっきや鋼板の腐食量、腐食速度をを予測することが可能です。

部位ごとの腐食環境定量化

モニタリングの例
エンジンルーム内、ルーフ、ピラー、足回り、床下、ドア、サイドシルなどの袋構造内部

腐食センサーの設置

図1

モニタリング結果の一例

図3

適用可能な自動車部品

無塗装部品の全面腐食に適用可能です。図2


印刷用PDF