HOME > 製品・サービス > 自動車 > 実車穴あき腐食寿命予測技術 自動車
 

実車穴あき腐食寿命予測技術

耐食性とトータルコストミニマムを目指した防錆設計を目指して指標をご提示します。

実車穴あき腐食寿命予測技術
実車腐食解析に基づく腐食環境の評価指標を設定し、最適防食設計に寄与します。

特長

表面処理鋼板開発にあたり、腐食試験方法の条件によって耐食性の優劣が大きく異なる。→実車における亜鉛系めっき鋼板の腐食挙動をベースとして防錆鋼板、腐食試験方法の開発を推進する。

JFEスチールの腐食解析

地図1990年代~ 北米を中心に融雪塩散布地域の腐食実態について独自解析を行ってきました。
[その他] 
スウェーデン腐食協会の自動車腐食プロジェクト
I Perforation Corrosion status of different car models
II Assessment of Corrosivity of Global Vehicle Environment


実車腐食解析の一例

北米(デトロイト)の実車解析結果

北米(デトロイト)の実車解析結果
Znめっきの防錆効果 約13g/m2・year
鋼板の腐食速度 約0.15mm/year
実車と腐食試験の環境

グラフ穴あき腐食指標
PCIによって各種腐食試験方法の実車との関係
を定量的に把握することができます。
     ⇒腐食試験方法の適正化 
腐食試験結果から亜鉛系合金めっき鋼板の実車
耐食性を推定することができます。
     ⇒材料選定の適正化

印刷用PDF