HOME > 製品・サービス > 自動車 > HISTORY鋼管のハイドロフォーミング 自動車
 

HISTORY鋼管のハイドロフォーミング

HISTORY鋼管は張出し率の大きい部品、複雑形状のハイドロ部品用途に好適です。

高加工性HISTORY鋼管
鋼管の温間縮径圧延により高加工性を達成したHISTORY鋼管は、種々のハイドロフォーミング部品形状において、優れた加工性能を示します。


 
特長
  1. 限界張出し率が大きいため、部品形状を設計する際の自由度が大きいです。
  2. 成形余裕度(適正内圧範囲、軸押し範囲)が広いです。
  3. 曲げ加工後のハイドロフォーミング性に優れています。(図1)
  4. T型成形等の枝張出し性に優れています。(図2)
  5. 片張出し成形のしわと破断を防止します。(図3)
曲り管のハイドロフォーミング性   図2 正方形断面のT型成形性
軸押し量
(mm)
20 25 30 55 60 80 90 95
HISTORY
鋼管
×
破断
×
しわ
電縫鋼管   ×
破断
×
しわ
     
○加工形状良好
 
図1 曲り管のハイドロフォーミング性
   (440MPa級鋼管、プリベンドR/D=2.0、金型張出率20%)
  図2 正方形断面のT型成形性
   (440MPa級鋼管、金型張出率14%)

片張出し成形性
図3 片張出し成形性 (440MPa級鋼管、金型張出率40%)

技術のポイント
  • 世界初の鋼管縮径圧延の加工熱処理による高r値化・高n値化
    →引張られた時に肉厚が薄くなりにくく,破断しにくい特性を示します。

適用可能な自動車部品
  • 自動車用構造部材
    トレーリングアーム、ロアアーム、エンジンクレードル等に適用可。
印刷用PDF