JFEの棒鋼・線材

西日本拠点として倉敷、東日本拠点として仙台の製造設備を保有。
お客様のニーズに合わせた高炉・電炉素材の選択が可能です。

西日本製鉄所・倉敷地区
西日本製鉄所・倉敷地区
高炉・転炉法による高清浄度鋼

高炉・溶銑予備処理・上底吹転炉・取鍋精錬・強攪拌真空脱ガスにより、高清浄度鋼の溶製を可能としています。

仙台製造所
JFE条鋼 仙台製造所 OEM
電炉法による環境に優しい鉄づくり

鉄スクラップを原料とした最新鋭の環境配慮型電気炉(エコアーク炉)による人と環境に優しい鉄づくりを実現しています。

豊富な商品ラインナップ

高度化、多様化する市場のニーズに応えるために、豊富な商品をラインナップ。また、ニーズを先取りした製品開発に努め、お客様にご満足いただける良質な製品・サービスを迅速にお届けいたします。
イメージ01
イメージ02

広範囲のサイズバリエーション

丸鋼(棒鋼)ではφ16㎜~世界最大のφ450㎜、角鋼では最大□750㎜まで、コイルについてはφ4.2~52.0㎜の製造が可能です。
倉敷では自社開発の4ロールミル、仙台では3ロールミルの適用により高寸法精度を実現し、0.1㎜ピッチの中間サイズの製造が可能です。
イメージ03
イメージ04

極めて優れた表面品質

鋼片から製品に至るまで、各種非破壊検査設備を有しています。倉敷では丸ビレット表面全自動探傷により極めて高い表面品質の棒鋼・線材を製造できます。さらに丸ビレットピーリングを適用した疵レス線材も製造可能です。
イメージ05
イメージ06

用途・加工に最適の品質設計

用途・加工に応じた最適な成分コントロールと圧延組織制御により、二次加工時に要求される脱スケール性、伸線性、冷鍛性、被削性、熱処理性等、多岐にわたる加工特性に優れた製品を提供いたします。
イメージ07
イメージ08